Blog

セブ島旅行ー調べてよかった編ー

眠れないので、旅行記書きましょ♡

入門編お金編と書きましたが今回は、旅行を楽しむために「調べておいてよかったー!」をまとめてみます♪

調べておいてよかったのはこの3つ!
1.セブ島で携帯を使うには?
2.電源は変換器が必要?
3.服装は?

1.セブ島で携帯を使うには?

①キャリアの海外使用サービスを使う
②SIMフリースマホを持っている→セブ空港でプリペイドSIMにチェンジ
③SIMフリースマホを持っていない→成田で海外対応Wi-Fiを予約
この3つの方法のどれかで今使っているスマホをそのまま海外で使うことができます!

ちなみに私はSIMフリーiPhoneだったので、セブ空港で「Globe」という会社のプリペイドSIMを購入。5日間300ペソ(日本円で約600円)で、容量無制限で使えます。4日間使ってみましたが、かなりサクサク動くしテザリングしても余裕でした♪

設定もかわいいお姉さんが全部やってくれるので楽チン♡です(笑)気をつけておきたいのは、返却された自分のSIMカードをなくさないでおくこと(笑)これなくすと日本で使えなくなりますからw

友達は成田空港で借りたWi-Fiを使ってましたが、2日目に充電ができなくなるトラブルが。ポケットWi-Fiは充電できないと使えないし、持ち歩きにも邪魔になるのでSIMフリースマホを持っているならプリペイドが良いかも? ほかにも「スマート」という会社のSIMもおすすめだそう!

2.電源は変換器が必要?

答えはNO!と言いたいところですが、使えないところもあるみたい。というのも、フィリピンの電圧は220 V、日本の電圧は100Vなので”Input:100-240V”という記載がない電化製品は変換器が必要です。現地調達もできますが、日本の電気屋で渡航先を伝えて購入しておくのが間違いなくてベター。

ただ、iPhoneには”Input:100-240V”と書いてあるのでフィリピンでも使えます!ちなみに、私が持って行ったes-fiveというヘアアイロンも使えました!(参考までに、商品詳細に記載があります)

ホテルによっても電化製品の使用可否について記載がある場合があるので、チェックしておくのがおすすめです!

 3.服装は?

基本的に一年を通してTシャツ+短パンでOK!ですが、女性とか華美な服装や露出は控えた方が良いかも。(って行ってみて実感しました)

「旅行だしおしゃれしていきたい!」って思ってましたが、友達は「どれだけ地元に馴染めるか」って言うくらい。ブランドバッグ!って一目でわかるバッグも避けた方がいいかも。

悪い人ばかりではないと思いますが、まだまだ発展途上の国なので経済的な感覚も違います。正直、露出してチャラチャラしてたらあかんな、と思いました。街中に出るときは、Tシャツ+デニムでちょうどいいなと思います。ただ、湿気もあるからデニムは暑いので要注意。とろみ素材のパンツが楽チンでおすすめです。

その分、ホテルの中は安心だからリゾート全開で!

(とはいえ、今思えばこんな格好してたのは私だけだったような・・・笑)

裾結んじゃってても、11月とは思えない日焼け具合でも大丈夫!w ホテルの方はみーんな優しかった。ナンパでしょうか?と思うくらい話かけられたけど、お互い日本語と英語のお勉強の時間でした(笑)

実はなんでここまで服装のことを言うかって、この格好のままホテルの外に出てみたんです。ホテルから徒歩4分のレストランに。

超怖かった!!!!!!!!!!!!

なんかもぐもぐしてて申し訳ないんですが、この10分前くらい、レストランに入るまで超怖かった。何されるわけでもなくマッサージとかフルーツ売りとかなんだけど、いつ車に連れ込まれてもわかんない感じ。そんな悪い人ばかりじゃないってわかってるけど、あの感覚は日本にはない感じ。

念のためパーカー羽織ってはいたんですが、こんな格好してたら日本人ってすぐわかるし。バッグも斜めがけ必須。ああ、日本って安全な国なんだなーって実感した旅行でもありました。

セブ島旅行ーお金編ー

仕事の合間にちょこちょこ更新。書くの仕事なのに、書いて息抜きする謎の現象が起きている(笑)

次はセブ島旅行、気になるお金編にしよう!

セブの通貨は、「ペソ」

セブの通貨は「ペソ」。1ペソは日本円で約2円なので、倍だと考えるとラクかも(レートや両替する場所によって若干変わりますが)

日本の100円玉くらいのサイズのコインが、1ペソ・5ペソ・10ペソ。それより小さいのは「センタボ」って呼ぶんだけど、ほとんど使わない。日本でいう銭みたいなやつ。

50ペソからは、100ペソ・500ペソ・1000ペソまであってお札です。人生ゲームみたいな紙だったよ。笑

私たちは、タクシー代とかご飯代とかその都度割り勘するのが面倒だったので、10,000円ずつ両替してプールして使いました!これは、その残りがいくらか計算しているところ(笑)

セブ島の物価は、イメージ的には日本の6〜7割。同じ商品でも買う場所によってかなり値段が変わるのが特徴で、屋台が最安。スーパーだと1.5倍、空港だと2倍くらいのお値段。

とはいえ、空港でも日本より安いから書い足しも問題なし。治安と衛生面を考慮したら、スーパーで買うのがベストです!

スタバで比較してみました

セブ島のスタバは、ラテのトールサイズが150ペソ!(日本では400円)

一緒に行ったかんちゃんが連日食べていた「バナナブレッド」は、甘さ控えめでおいしかった!「バナナブレッド」は、1ピース65ペソ。安い。日本より品揃えが多くて、ケーキ類もかなり充実!安くておいしそうなサイドメニューがたくさんありました♡

冬の限定メニューもトールサイズで190ペソだから、日本円で400円くらい。ちょい安、かな?店員さんは、さすがのスタバ!神対応でした♡

ちゃんと名前も書いてくれるよん♡ 「日本はいいところね!東京、ShibuyaとAkibahara?Akihabara?に行ったわ!」ってお姉さん。秋葉原を言い間違えるのは、日本人だけじゃなかった。

ちなみに、1Lのミネラルウォーターはスーパーでは30ペソくらい。カップラーメンミニサイズも同じくらいで売ってました♡

やっぱり総合的に考えても、体感的に6割くらいでお買い物できるので、日本人にはお得感がある場所かもしれません♪

セブ島旅行ー入門編ー

ただいま、ジャパン。忘れないうちに、セブ島旅行記を書き残しておこうと思います。

さらっと海外旅行行ってきました風に書いていますが、海外旅行は人生2回目。1回目は高校の修学旅行(行き先はタイ)なので、大人についていっただけ。

初めての海外旅行のようなもの。治安も悪いって聞くし、かなり用意周到に調べました。だって怖いんだもん。

行ってみた結果、たしかにきちんと調べておいてよかった!と思いました。交通手段がかなりポイントになりました。

せっかくなので、備忘録の意味も含めて残しておきます。セブ島旅行、検討されてる方もぜひどうぞ♡

 

セブ島の気候や気温

雨季(6〜11月)と乾季(12〜5月)に分かれていて、平均気温は26.5度だそう。年間通して半袖でOK。11月初旬の気温は30度前後でした!

日本との時差は1時間。飛行時間は4〜5時間なので、時差もないので身体への負担も少なめ。体感では、気候は日本と似ている気がしました。

日差しがきついので、日焼け止め・帽子は必須!お店の中やホテルはクーラーがかなり効いているので、パーカー程度の羽織も必要。暑がりの私でも、パーカーあってよかった!と思いました(笑)

こんな人におすすめ

・リゾート気分を味わいたい人
・ホテルでのんびりしたい人
・アジア料理が好きな人
・ジンベイザメと泳ぎたい人(笑)

私は、フィリピンに3つのホテルをもつブルーウォーター系列のホテル「マリバゴビーチリゾート」に宿泊しましたが、大満足でした!旅行会社や航空会社によって変動はありますが、3泊4日で一人43,000円ほどでした!(バニラエア航空 / 朝食付き)

虫が大の苦手なのですが、部屋の中では蚊に2〜3度、部屋の入り口でヤモリに遭遇した程度でした。ホテルの部屋の種類や季節にもよるのかもしれませんが、Deluxe Room2階は大丈夫でしたよ♡ 蚊取り線香&ムヒを持参していましたが、ムヒはあってよかったアイテムのひとつ(笑)

水周りもきれいで、高級すぎず、ほどよくリラックスできました!ベッドは少しかため。ルームサービスは、日本のファミレス程度の値段でしっかり食事ができるので、外に出なくても十分料理も楽しめます。

ほかにも、オイスターバーやジュースバーがあったり、プライベートビーチやプールがあったり、ホテルから出ずにリゾート満喫もいいかも。

マンゴージュースをそのまましぼったフレッシュジュースは、格別!プールサイドや部屋に持っていっても大丈夫。(バーのおじさんに 部屋番号を伝えて、サインをすればOK!)日本円で400円くらいで飲めます♡

ちなみに、ジューズバーの隣にあるマッサージ店がお暇だったようで、勧誘がすごかったです(笑)「ジュース飲んだ後に考えていい?」と言ったら、ジュース飲み終わるのを待機されてしまったので、こっそり部屋に持ち帰ったといういきさつです(笑)

リゾートの他には、アクティビティもセブ島の魅力。小さな島がたくさんあるので、アイランドホッピングをしたり、ダイビングをしたり。あとは、写真が微妙すぎるのですが、ジンベイザメと泳げるんです〜!

私は泳ぐのが苦手なので、マジで溺れるな。と、身の危険を感じて30秒で離脱しました(笑)&船酔いする方は要注意。すんんごい揺れます。大げさじゃなく、めちゃくちゃ揺れます。マジで。( 船を降りた後しばらく方針状態でしたw)でも、なかなかできない体験なのは確かです!

と、ざっくり私の思い出も混ぜつつ「セブ島 入門編」をお届けしました。気まぐれに少しずつ、「街歩き編」や「交通手段編」などをまとめていきたいと思います〜♪

ぷ〜かぷか。(笑)

のんびりしていた、というお話。

なんだかんだと慌ただしく毎日が過ぎていますが、自分のペースで動けるのはやっぱりありがたいな。

ただ、フリーになって思うのは自己管理の大切さ。スケジュールや自分の能力の兼ね合いの中での仕事量の管理や連絡、あとは体調管理。

実は、久しぶりにしっかり風邪をひいてしまっていました。退社してホッとしたのかもしれません(笑)

いつもだいたい一晩眠れば治るのに、かれこれ1週間くらい経ってしまった。やっと、咳だけになりました。よかった。

退社したぞ、さあやるぞー!!!と思っていた矢先の風邪だったから、「まあ落ち着けよ」ってことだったのかな。いつもわりと気持ち前のめりだしな。おかげでしっかり身体を休められた気がします。

明日から取材やイベントが続くので、楽しみながら頑張りたいと思います!来週の今ころには、セブ島におりますゆえ。

おやすみなさいませ。

大好きなあの人にインタビューをさせてもらった

今日はNakamuraEmiさんの取材に行かせていただきました。

5年以上前から好きで仲良くさせていただいている最高に可愛くて素敵なお姉さん。
彼女に出会ったことで、私はいろんなことに気づかされました。

気遣いや優しさをこんなに素直に人に届けられる大人がいるんだ。
なんでこんな赤ちゃんのようにまっすぐで柔らかいんだろう?
そして、なんでこんな別人のようにパワフルな歌をうたえるのか。

衝撃と尊敬

それに尽きる。
私はこんな風になれないし、この人をもっと知りたい。と衝撃を受けたと同時に大好きになった。

最初は同じライブにたまたま出ていて、それからはただファンとしてライブに通いつめてた。2年経ってやっとご飯に一緒に行ってもらったのは驚異の執着心でしかないし気持ち悪かったと思います。えみ姉、ごめんなさい(笑)

そして、今お仕事としてえみ姉の話を聞きに行けるということ。
とても不思議な感覚でした。
そしてなんだかちょっと照れた。

すごく貴重な体験をさせていただきました。
えみ姉、オーガスタさん、お話を引き受けてくださってありがとうございました。

そしてこの機会をくれた田島さんもありがとうございます。(もうこれ以外にもお世話になりっぱなしなのですが)

詳しい中身は記事にふんだんに盛り込むとします。

えみ姉の魅力をしっかり伝えられるように、心して書きます。

 

取材中もこみ上げるものがあり、グッとこらえながら帰っています。
まだまだ凹むこともたくさんあるし、自信をなくしそうになりながら、凹んでる時間はないし自分ができることをやるしかないと思い直す毎日です。

でもえみ姉を見てると、おこがましいけど、自分だけじゃないなと思う。いつも戦っている。

そもそも自分はまだスタートラインにも立ってない。でもきっとゴールは一生ないんだろうなということは少しずつ気付いてきた。

だからこそ、その時にしか見えないものを大事に、さらに上へ、次へ向かって行かなくちゃなんだな。

えみ姉、ありがとう♡目をつぶったのはわざとじゃないよ。笑

私がこれからしたい3つのこと

やっと、退職しました。笑

あたらしい生活が始まってわくわくしている日曜の朝。さて、時間はたっぷりできました。

これから私がしようと思っていることはこの3つ。
1.楽曲とメディア制作
2.ライターのお仕事を幅を広げる
3.起業の準備

これまで週4日8時間、事務職をしながらライターのお仕事を。ボイトレに通いつつ曲作りをする生活をしていました。ありがたいことにライターのお仕事も増えて、節目の30歳。

今ならこれまでの経験を活かしていろんなことにチャレンジできるはず、と腹をくくりました。で、何すんの?という中身はこちら。

1.楽曲とメディア制作
去年の夏頃から、自分のメディアを持ちたいと考えていてコンセプトを考えるところから少しずつ準備してきました。先駆けて始めたinstagramアカウントは800名ほどの方にフォローしていただきました♪
『音楽×言葉』の、私だからこそできる発信や表現ができたらいいなと。名前は、sunset noteです。大人女子のための、夕暮れどきに似合うようなメディアにしたいという想いを込めました。

2.ライターのお仕事を幅を広げる
これまでは与えられたものをやっていく時間と余裕しかなかったので、1度きちんと振り返って見直して、より丁寧にお仕事をして、幅を広げていきたいなと。初めてライターをはじめてから1年半。将来的には自分しか書けないものが求められるようになるのが理想。まだそれがわからないから、とにかく経験を積んで今は勉強。

3.起業の準備
3年前から個人事業主の申請をしているのですが、実は前々から法人化しようと思っていて。音楽やライターとはまったく関係ないところで、これまでの経験を活かして2つやりたいことがあるのです。
とりあえず経理の勉強をするために11月19日の簿記3級を受験することにしました。次の試験が来年の2月で猶予がありすぎるし、1ヶ月ならだらだらせずに集中できる良い期間かなと。
一昨日決めたんだけど(笑)申込も終わったし、お金も払ったのでやるしかありませんっ

これが今のビジョンです。
うふふ。楽しみしかないよ。

自由になればなるほど、やりたいことが増えてできることが増えていく。
この生活がとても楽しいし、やっぱり東京に来てよかった。

結婚はまだまだいつのことやら、ですが(笑)
さあ、がんばるよー!!!

 

 

DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2017/2018!!

「DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2017/2018」行ってきました!!!

HuluでたまたまUSJのライブ映像を見ていた2週間前、急遽友達からチケットが余ってると聞いて参戦してきました♡

初めての美和ちゃんの生歌は、終始愛情たっぷりで遠くからでもわかるくらいの笑顔で、本当に最高の時間でした。

安室ちゃんのMCなしのライブに慣れていたので、毎曲終わるたびにMCが入ることに驚いたけど、こっちが普通なんだよね(笑)

−ここから軽いネタバレあるので、もし行く方がいたらご注意ください−

『THE DREAM QUEST』のアルバムツアーだったけど、それ以外の聞きたかった過去の歌曲もたっぷり聞けて、まさかKinKi Kidsのカバーも歌うなんて思ってもみなくて。たまらなかった。

個人的には、24/7がめちゃくちゃ好きで、テンションあがりまくりでした。

美和ちゃんの歌の次に感動したのが、ステージの照明と衣装。カラフルな照明の展開もかなり興奮した。美和ちゃん特有の歌う仕草がとてもきれいに見える衣装ばかりで、さすがだなあ。。とか思ったりして。

あとダンスも。安室ちゃんのダンスとはまた違うけど、すごく軽やかで自由な感じがした。

友達そっちのけで一人でライブの世界にどっぷりつかってましたが、人とライブ行く楽しみ方がわからない事に気付いた。笑

 

しょっぱなから泣いてたけど、”その日は必ず来る”でたまらず号泣。

どの一歩もどの1日もただ楽しくすぎるわけじゃない
この一歩がこの1日がエネルギーに変わるように
いつの日か力放つその日まで悩み続けたっていい
長い坂道をあなたは登るんだ あなたにしか来ない明日を見てみたいなら 登れ!登れ!登れ…!

これはしばらく私の応援ソングになりそうです。

他のアーティトにはない強さと明るさと優しさと、本当に太陽の光が全開で差すようなステージと歌でした。

無条件に信じていた音楽のパワーを思い出す日々。
夢を叶えることにばかりに集中しすぎて忘れかけてた音楽を好きな気持ちと、純粋な憧れを取り戻してる。

やっぱり私、音楽がすきだ。

また素敵な大人がひとり。

 

昨日は、保育園経営をしているゆかさんにお話を聞きに行ってきました。
個人的にもずっとお話を聞きたかった方で、尊敬するシンガーのお友達のお友達。
ブログやライブ会場でよく見かけていて、一方的に存じ上げていました。
一度ご挨拶させていただいてから、私が手術をした時にはFacebookを見て連絡をくださった優しいひと。治ったらお祝いしよう!ってメッセージ、本当に嬉しかった。

今回お話を聞くことにしたのは、中高生に向けて仕事や生き方を届けるメディアの取材で、ゆかさんのお話を提案したのが始まり。
保育園の園長さんであり女性経営者、取材とかこつけて私が話を聞きたかったのは言うまでもなく。

カッコいい大人がまたここに一人。
取材忘れて普通に話に聞き入ってしまいました。
スッと通った芯を軸に努力と歩みを進めてきた人の言葉は重い。
だから周りにはたくさんの人が溢れて、キラキラとした笑顔なんだなあ。と取材を忘れて話を聞いて黙り込んでしまう。(仕事して。笑)
子どもたちとも遊ばせてもらって、心底癒されて、胸いっぱいで帰宅した夜でした。
こんな素敵な繋がりができたのも、えみ姉とあやかちゃんのおかげ。最高なお姉さんがたくさん。

halettoチームとねぶくろシネマ

次の日は、完全に日が昇った後に眠り正午に起床。そそくさと用意し、取材へ!
ウィダーインゼリーとレッドブルを摂取したにも関わらず、駅のベンチにバッグを忘れそうになりながら蒲田へ。

気持ちはめちゃくちゃ元気なのに、身体の疲れはごまかせなかった模様(笑)

昨日は、halettoの取材で東急プラザで開催されたねぶくろシネマへ行ってきました♩

夜風に吹かれながら、子どもたちの笑い声の中で見る映画は優しい気持ちをくれました。

halettoチームの方は、どの方にお会いしても同じ空気感で、なんでこんな自然にいられるのか不思議なくらい。

編集長の朝子さんとは、なんとなく好きなものが似てるんじゃないかなあって思っていたけど、朝子さんのフラットな感じとかほんとに好き。

初めましてのときに赤いマスカラとシャドウをつけていた葦原さんは、クールに見えてにこやかで熱くて縁の下の力持ち感がステキなお姉さん。

ねぶくろシネマで初めてお会いした折戸さんは、ふんわり可愛らしくて、でも押さえるとこしっかり押さえるデキ女でした。癒された。笑

こんな素敵なチームの皆さんと一緒にお仕事できるなんて、私幸せです。

お土産のように帰りにいただいた新しい企画のお話も、コンセプトも共感しまくりで、その担当に私を選んでくださったのも嬉しすぎて、帰り道も胸いっぱいでした。

楽しみでしかない!!!!!

正直、仕事辞めるって決めたけどほんとに大丈夫か?と思ってた。なんとかする!という気合いだけはあったけど、それでいけるのか?と。

でも、周りの人たちがいろんな人に繋げてくれて、やっていけそうな気がしています。

ほんとに人生何があるかわかんない。

だから、やれるとこまで、やれるだけやってみたい。

寝てる時間も惜しいほどだけど、体調崩したら元も子もないからね。気をつけながら、がんばります。

夢みたいな日曜の夜

10月8日の夜は、夢みたいな一日だった。
ご縁があってTinaさんの現場マネージャーをさせていただくことになり、初の現場。

受け取ったばかりの名刺も、誰に渡して良いかもわからないまま会場入りされる出演者の方々。

DJ HASEBEさん、Sugar soulのaikoさん、Zeebraさん、mummy- Dさん。。

たぶん私はこんな顔してたはず。

( ˙-˙ )

テレビ越しに見てた方々が目の前にいて、普通に話をしてリハをしていて。。とりあえず背筋伸ばしてリハをガン見。。Tinaさんに座って良いよ〜って言ってもらったけど、座れない!!笑

とくにZeebraさんは中学の頃にめちゃくちゃ聴いてた方。

安室ちゃんとコラボをされたときに知って、そこからもうそのカッコよさに釘付けだった。

ご挨拶するにも、直視できない。

ほ、ほほほほ、ほんもの!笑

ほんっとに優しくて素敵すぎて、クラクラした。笑
現場のお手伝いと聞いていたけれど、現場マネージャーって何するんだ状態で、Tinaさんに促されるままご挨拶させていただきました。

名刺が上手に抜き出せなくて、焦る。笑  そして、情けなさでいっぱいになる。笑

Tinaさんの音楽もとても好きで当時も聞いていて、お会いできて現場を見させていただくだけでも、なんて幸せなの!って思っていたのに、とてもフランクに優しくしてくださってチャーミングな女性。。

こんなことあるの?ってそればっかり。

すごいところに来てしまった!と。。

ステージ脇から見たみなさんのステージはもう体揺らさずにはいられず、Tinaさんのステージは全部歌える曲ばかり。

aikoさんのステージはもう圧巻で、細い体から溢れ出るパワーがすごすぎて圧倒されっぱなし。

もう一秒も見逃したくなくて必死で見てました。

MCで「デビュー前はこのステージの袖でもじもじしながら、ステージに上がるチャンスを狙ってた」って話を聞いて、信じられなかったけど、20年間の重みというか、私たちから見たら最初から届かない場所にいるように見えてるけど、違うんだなって。

Tinaさんが丁寧に話してくれる当時の話を聞いても、そう思う。

なんだろう。これが20年続けていけるだけの想いの熱量なんやろうなって。その違いを感じずにはいられなかった。

aikoさんとZeebraさんとのステージもたまらなくて、半泣きで見てました。

garden、今すぐほしいが生で聴けるなんて、もう今思い出してもたまらない。。

Zeebraさんとmummy- Dさんのステージはただただかっこよくて、中学時代に戻ったよう。Zeebraさんの声が好きで、男らしいリリックも好きで、基本的に女性シンガーしか聞かなかったのに、初めて男性アーティストをリピートしてた方なのです。もーたまらんかったです。笑

ご挨拶できたうえに、1メートルの距離でこんな豪華なステージが見れるだけでも胸がいっぱいで昇天寸前だったのに、ライブの後の打ち上げが終わった最後の最後に、Zeebraさんが帰り際に「Tinaの新しいマネージャーも」と私のことを話してくれて、もうそこからは記憶なし。笑

なぜ私のことを話してくれているのかもわからず、無事終わってよかったと油断していたので目が点。握手していただき、ハグされて大騒ぎ。笑 ハグされて嬉しくて無理!!!を連発したのは人生初めてでした。笑 失礼いたしました。

失神するかと思いました。笑

Tinaさんが写真を撮ってくださって、顔のにやつきがとまらない。迷うことなく、待ち受けにさせていただきました。笑
これは、夢なのか。

ご褒美が止まらない30歳。
嬉しいことが起こるたびにちょっと怖くなって自制する。これを活力にがんばろう。

あの場を体感することができたのは全部Tinaさんのおかげ。そして、Tinaさんと社長へ繋げてくださった小谷さんのおかげ。山口ゼミに参加してなかったら、この日はなかった。

本当にありがとうございます。
 DJ HASEBEさんもとても優しくてかっこよかったなあ。。DJタイムは聴けなかったから、今度聞いてみたいなあ。

Harlemのスタッフさんも、関係者のみなさんも、とても優しくしてくださって、貴重な体験をさせていただきました。

カッコいいオトナとたくさん出会えた夜でした。