restart

気づいたら4月ですね。

昔は1日に何度も書いていたブログ。どうしてこんなに後回しになってしまっているんだろう?とたびたび思いつつ、答えを探している間にまたブログの存在を忘れるこの頃です。

あの頃はSNSもそこまで普及していなくて、Instragramやストーリーもなかった。人の考えていることや行動を、ちくいち目で見ることもなくて、比べることももちろんなくて。

他人の言動を目の当たりにするたびに「自分の考えていることなんてたいしたことないんじゃないか」と、何に対しての忖度かわからない感情を持っては書けなくなって。

マツコさんがつんくさんとNHK「SWITCHインタビュー 達人達」でSNSについて話していた言葉で腑に落ちた。

「自分たちの頃には今みたいに発信する場所もなかったから、感情を爆発させる場所もなかった。だからやってやるぞ!って思えた。今の子はSNSとかで、なんとなく発信してごまかせる」みたいなことを言ってた。(一字一句合ってないかもしれないけど)

本当にその通り。発信するという行為がもたらす少しの爽快感と、満足感。そして消費されていく感覚。

私は今、悶々とした気持ちを紙やブログに書いて曲にして歌うこと、がSNSである程度満たされてしまっているんだろう。

でも大切なところは何も満たされていないから、消化不良を起こしてる状態。

誰に必要とされているわけでも、やれといわれているわけでもないけど、やっぱり音楽を仕事にしたい気持ちは今も変わらない。

「元シンガーソングライターで、今はライターやってる子です」みたいに紹介されるたびに「元ってなんだよ」っていつも思ってる。

デビューしたわけでもないし、ライブを今やっていないだけ。それ以外は私自身何も変わっていないから、元も今も関係ない。そもそも何も始まってない。

そんな自分なりの理屈は他人にはもちろん関係ない。

自分が信じている道を、自分の足で進めばいい。結果がすべてだから、自分を信じるしかない。

「ライターだからちゃんと文章を書かなくちゃ」なんて中途半端に頭でっかちになっていたけど、ライターを仕事にしていようが編集者だろうが、私が書きたいことや思うことは変わらない。

自分で枠を決めるのはやめて、とにかく書きたいことを書いていこうと思う。エイプリルフールだけど、嘘じゃないよ。

 

では、おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です