私の中の選択と理想

「お葬式の準備、いつからすればいいのかなあ」

読んでいた本にお葬式のシーンが出てきて、ふと自分のお葬式について考えていた。と、同時にハッとした。

「私は死ぬときの後始末まで自分でしようとしてるのか!」と(笑)

結婚したくないわけではないけれど、もししたとしても離婚するかもしれないと思っている(笑)でも結果的にそうなったとしたら、仕方がないと思ってる。自分の選んだ人と迎えた結末はどうであれ受け入れる。

子どもに託すという人が多いのかもしれないけれど、私は子どもは今のところ、いろんなことを考慮したうえで諦めている。「いつかその考えが変わるよ」という大きなお世話は不要です。そんなことはわかってる(笑)

だから、「誰がお葬式してくれるの?自分でやっとかなくちゃか」というわけなのです。

“誰にも迷惑をかけたくない”

小さいときからそう思ってきたし、今もそれは変わらなくて。今でこそ誰かに頼ることもできるようになったし、肩の力も昔よりは格段に抜けてると思う。

そのうえで、「自分のことは自分でしたい」んだと気付いた。甘えられないとかじゃなくて、したいんだよね。困ったことに(笑)

きっと男性から見たら「かわいくない女」だということは重々わかっているけれど、自分の人生だから自分が納得できる生き方をしたい。それだけ。

とはいえ、誰かが「君の生涯は僕が守ってあげるから」という言葉は喜んで受け入れるつもりです♡(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です