セブ島旅行ーお金編ー

仕事の合間にちょこちょこ更新。書くの仕事なのに、書いて息抜きする謎の現象が起きている(笑)

次はセブ島旅行、気になるお金編にしよう!

セブの通貨は、「ペソ」

セブの通貨は「ペソ」。1ペソは日本円で約2円なので、倍だと考えるとラクかも(レートや両替する場所によって若干変わりますが)

日本の100円玉くらいのサイズのコインが、1ペソ・5ペソ・10ペソ。それより小さいのは「センタボ」って呼ぶんだけど、ほとんど使わない。日本でいう銭みたいなやつ。

50ペソからは、100ペソ・500ペソ・1000ペソまであってお札です。人生ゲームみたいな紙だったよ。笑

私たちは、タクシー代とかご飯代とかその都度割り勘するのが面倒だったので、10,000円ずつ両替してプールして使いました!これは、その残りがいくらか計算しているところ(笑)

セブ島の物価は、イメージ的には日本の6〜7割。同じ商品でも買う場所によってかなり値段が変わるのが特徴で、屋台が最安。スーパーだと1.5倍、空港だと2倍くらいのお値段。

とはいえ、空港でも日本より安いから書い足しも問題なし。治安と衛生面を考慮したら、スーパーで買うのがベストです!

スタバで比較してみました

セブ島のスタバは、ラテのトールサイズが150ペソ!(日本では400円)

一緒に行ったかんちゃんが連日食べていた「バナナブレッド」は、甘さ控えめでおいしかった!「バナナブレッド」は、1ピース65ペソ。安い。日本より品揃えが多くて、ケーキ類もかなり充実!安くておいしそうなサイドメニューがたくさんありました♡

冬の限定メニューもトールサイズで190ペソだから、日本円で400円くらい。ちょい安、かな?店員さんは、さすがのスタバ!神対応でした♡

ちゃんと名前も書いてくれるよん♡ 「日本はいいところね!東京、ShibuyaとAkibahara?Akihabara?に行ったわ!」ってお姉さん。秋葉原を言い間違えるのは、日本人だけじゃなかった。

ちなみに、1Lのミネラルウォーターはスーパーでは30ペソくらい。カップラーメンミニサイズも同じくらいで売ってました♡

やっぱり総合的に考えても、体感的に6割くらいでお買い物できるので、日本人にはお得感がある場所かもしれません♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です