大好きなあの人にインタビューをさせてもらった

今日はNakamuraEmiさんの取材に行かせていただきました。

5年以上前から好きで仲良くさせていただいている最高に可愛くて素敵なお姉さん。
彼女に出会ったことで、私はいろんなことに気づかされました。

気遣いや優しさをこんなに素直に人に届けられる大人がいるんだ。
なんでこんな赤ちゃんのようにまっすぐで柔らかいんだろう?
そして、なんでこんな別人のようにパワフルな歌をうたえるのか。

衝撃と尊敬

それに尽きる。
私はこんな風になれないし、この人をもっと知りたい。と衝撃を受けたと同時に大好きになった。

最初は同じライブにたまたま出ていて、それからはただファンとしてライブに通いつめてた。2年経ってやっとご飯に一緒に行ってもらったのは驚異の執着心でしかないし気持ち悪かったと思います。えみ姉、ごめんなさい(笑)

そして、今お仕事としてえみ姉の話を聞きに行けるということ。
とても不思議な感覚でした。
そしてなんだかちょっと照れた。

すごく貴重な体験をさせていただきました。
えみ姉、オーガスタさん、お話を引き受けてくださってありがとうございました。

そしてこの機会をくれた田島さんもありがとうございます。(もうこれ以外にもお世話になりっぱなしなのですが)

詳しい中身は記事にふんだんに盛り込むとします。

えみ姉の魅力をしっかり伝えられるように、心して書きます。

 

取材中もこみ上げるものがあり、グッとこらえながら帰っています。
まだまだ凹むこともたくさんあるし、自信をなくしそうになりながら、凹んでる時間はないし自分ができることをやるしかないと思い直す毎日です。

でもえみ姉を見てると、おこがましいけど、自分だけじゃないなと思う。いつも戦っている。

そもそも自分はまだスタートラインにも立ってない。でもきっとゴールは一生ないんだろうなということは少しずつ気付いてきた。

だからこそ、その時にしか見えないものを大事に、さらに上へ、次へ向かって行かなくちゃなんだな。

えみ姉、ありがとう♡目をつぶったのはわざとじゃないよ。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です