待合室での風景。

このあいだ書いた記事、たくさんの方に読んでいただき、拡散やコメント・メッセージもありがとうございました。

Twitterにも書いたけど、書くかどうか悩んだし、誰が読んでくれるんだろう?って思ったりもしたけど、書いてよかった。同じように検査を受けている子がいることを知ったり、同じ独身女性に少しでも安心を感じてもらえたのなら。

まだまだ先がどうなるかはわからないし心配ではあるけれど、この経験を通して感じたことは忘れないでいたい。

一番衝撃だったのは、産婦人科での待合室。産婦人科には過去にも通院したことがあったけれど、こんなにもモノクロに見えたのは初めてだった。

愛おしそうにお腹を抱えて旦那様や家族と診察を待つ女性、一人で静かに待つ女性、様々な年齢の方がいらっしゃいました。

妊娠でもなく、誰かに付き添ってもらうでもなく、ただここに座ってる私は何なんだろう、と思ったりもしました。私が行った病院には診察室がいくつかあって、一番奥にがん診察の診療室がありました。

それを見た瞬間「もう、ここに入って行ったら病名もバレるんじゃん。」と思ってしまった。と同時に、なんだかそれほど今抱えているものが重たいものに思えた。

誰も見ていないと思う、気にもとめていないと思う。だけど、同じこの待合室でこんなにも状況が違う人たちが一緒くたになっている場所はそう多くない。

不妊治療で通っている方もいると思う、私みたいに検査できている人もいると思う。自分の状況が、とかじゃなくてあまりにもその光景が残酷に見えた。

 

そんな光景を見ていたら、30歳を過ぎたら結婚して妊娠が当たり前、実際はそんな世間の流れ当たり前でもなんでもない気がした。

私みたいに、自分の人生が第一で結婚や出産を一番に考えていない人だけじゃなくて、産みたくても産めない人たちもその世間の流れに苦しんでるんだろうなあって勝手に考えてしまった。

そう思うと、やっぱり結婚や出産という流れとは違う自分の人生は、どこか何か大切なものを遠ざけている気がしたりする。

とはいえ。自分で選んでいる人生なので後悔とかがあるわけではないけれど。なるようになっていくだろうし、今目の前にあることをしっかりやっていこうと改めて思うのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です